当院について

トップ > 当院について > 理念・基本方針


 

理念・基本方針

当院の理念

思いやりの心で安全・安心・快適な医療を

基本方針

当院に入院予約済みの患者様は産科を中心に24時間・365日対応

倫理綱領

当院のスタッフは地域医療のため、最新の技術と共に限りない愛情と責任をもって最善の努力を尽くさねばならない。この任務を遂行するために、私達が守るべき行動の規範を次の通り定める。

1) 医療の質の向上
私達は医療の質の向上に努め、人格教養を高めることによって全人的医療を目指します。

2) 医療記録の適正管理
私達は医療記録を適正に記入し、これを管理いたします。また、これを原則本人に開示いたします。

3) 権利擁護とプライバシーの保護
私達は病める人々の権利の擁護とプライバシーの保護に努めます。

4) 安全管理の徹底
私達は病院医療に関わるあらゆる安全管理に最大の努力を払います。

5) 地域社会との連携の推進
私達は地域の人々により良い医療を提供するために日々研修し、地域の人々はもちろんのこと「病診連携」「病々連携」を含めて、地域の医療機関との堅実な連携に努めます。

患者さまの権利

1) 良質な医療を受ける権利
患者さまは、良質な医療を受ける権利があります。

2) 選択の自由の権利
患者さまは、医療機関を自由に選択・変更する権利と,他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

3) 自己決定の権利
患者さまは、十分な説明と情報提供を受けた上で,治療方法などを自らの意思で選択・拒否する権利があります。

4) 説明を受ける権利
患者さまは、病気の内容やその治療,検査などについて,分かりやすい言葉や方法で説明を受ける権利があります。

5) 情報の開示を求める権利
患者さまは、自分の診療記録の開示を求める権利があります。

6) プライバシーの保護と秘密を保持される権利
患者さまは、病院内でのプライバシーを守られる権利があり,診療の過程で得られた個人情報や医療上の秘密を厳守される権利があります。

7) 尊厳を得る権利
患者さまは、いかなる時にも人格的に尊厳を得る権利があります。

患者さまの責任

1) 治療を受けられる患者さまとして、正確なご自身の精神的・身体的・社会的な情報を医師に伝えていただく責任があります。

2) 患者さまご自身が医療へ参加していただく責任があります。

3) 他の患者さまの診療に支障を与えない配慮をしていただく責任があります。

4) 医療法にもとづき医療後のお支払いはご退院の前に清算をする責任があります。

このページのトップへ