お知らせ News

4種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」の一部ロット回収に伴う抗体検査・追加接種について

当院にて接種している4種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」(阪大微研)の一部製品において、 有効期限内に有効成分の一つである不活性ポリオウィルスの抗原量が僅かに規定量に満たないことが判明し、 当該ロットの回収が行われました。

【当該ロット製品】4K23A・4K23B・4K23C・4K24A・4K24B・4K24C

製造会社より、これまでの臨床試験の結果から当該ロットの抗原量であってもワクチンとしての安全性・有効性は保たれ、 十分なポリオウィルスに対する抗体価を獲得できると考えられるとの見解が示されております。
しかしながら、製品の有効性に不安を感じ、抗体検査をご希望される場合には、血液検査費用を製造会社の負担にて実施可能である旨の お知らせの発出と同時に問い合わせ窓口が開設されました。

本件に対する問い合わせ先

一般財団法人阪大微生物病研究会 問合せ窓口
フリーダイヤル:0120-280-980
(土・日曜日を除く9:00~17:30)

上記問合せ窓口にご連絡いただき、更にご心配、ご不明点などがございましたら、
当院までご相談ください。

●ポリオ抗体検査について
ポリオ抗体検査は衛生検査所等における測定が不可能なため、阪大微研にて一括して測定します。
なお、検査結果の評価ならびに定期接種スケジュールへの影響を回避するため、沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活性ポリオワクチン(DTP-IPV 以下、4種混合ワクチン)の 4回目接種完了後4週以降に抗体検査を実施されることをお勧めしております。

●追加接種について
上記抗体検査の結果、ポリオの追加接種が必要と判断された場合には、追加接種をご検討ください。
追加接種には、不活性ポリオワクチン(商品名:イモバックスポリオ皮下注)を使用します。
テトラビック皮下注シリンジを含む4種混合ワクチンは、5回目の接種は承認外となるため、使用できません。
追加接種にかかる費用は阪大微研の負担となります。

令和元年9月
薬剤科