お知らせ News

産婦人科 吉松先生のご紹介

吉松 和彦(よしまつ かずひこ)先生のご紹介

吉松和彦先生
日本医科大学を卒業。
大学病院で出産、超音波診断、子宮筋腫、卵巣嚢腫の手術等を研鑽。
新横浜母と子の病院に勤務、無痛分娩を学ぶ。
その後、自然分娩主体のクリニックに勤務。
令和3年6月より当院入職。
吉松和彦先生
日本医科大学を卒業。
大学病院で出産、超音波診断、子宮筋腫、卵巣嚢腫の手術等を研鑽。
新横浜母と子の病院に勤務、無痛分娩を学ぶ。
その後、自然分娩主体のクリニックに勤務。
令和3年6月より当院入職。
先生からコメントを頂きました

 2021年6月から勤務させて頂くことになりました、吉松和彦と申します。
 出身は埼玉県で趣味は野菜作りです。最近は夏野菜を植えて玉ねぎとジャガイモの収穫をいつにしようかと考えているところです。

 医師となり30年になりますが、医学的根拠に基いた医療を心掛け、産科ガイドラインに沿うように努力し続けて参りました。このことは今でも私の医療の中核をなしています。 それに加えて、今は産婦人科医として30年の経験をしてきて更に重要と考えることがあります。

 それは患者様に対して今まで以上に誠実に優しく接することです。外来にいらっしゃる患者様の中には様々な不安や心配事のある方も多いと思います。 その方々が安心して気持ちよく医療を受けられるようにサポートすることがこれからの私がやらなければならない事と考えています。

 一生に数回しか経験できない妊娠出産が患者様にとって不安なく安心安全で素敵な経験になるように全力で向き合ってまいります。 ご質問や聞いてみたいことがある方はどんなことでも丁寧にお答えしたいと考えていますので、遠慮なく聞いてください。

 今までの経験を生かして患者様お一人お一人に少しでも精度が高く親切で優しい医療を心掛けてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。
令和3年6月
院長